その他

新型コロナウイルスの感染者数を最新情報やニュースから調査!感染源はクラスター!(3月3日)

出典元:国立感染症研究所 

新型コロナウィルスの感染が国内でも拡大し、ついに臨時休校になりました!

一体現在どのくらいの感染者の数がいるのでしょう?

最新情報をお伝えします!!  

国内の感染者数【3月3日午前10時半】

                                   出典元:https://www.nhk.or.jp

厚生労働省・各自治体による3月3日午前10時半時点の情報です。
国内で感染が確認された人は、
  • 日本で感染した人や中国からの旅行者など:260人
  • クルーズ船の乗客乗員:706人
  • チャーター機で帰国した人:14人

合計980人です!!

感染者数は確実に増加をしています!
 
中国に渡航歴ない方々の感染もあることから、感染経路として国内の感染者からの二次感染は確実です!

 

スポンサーリンク

都道府県別の感染者数

 
日本人や中国からの旅行者など国内の感染者260人都道府県別に見ていきましょう!
 
一番多いのは北海道で77人です!
 
しかし、驚きの情報が入ってきました!
 
3月2日に 東京都の厚労省で開かれた政府の専門家会議で、道内感染者は推計940人に上るとのことです!!
 
北大医学研究院(理論疫学)の西浦博教授によると
(公表されている)道内感染者は77人だが、推計と10倍のひらきがあり、軽症で若年層に広がっているのでなければ整合性がつかない
とのこと。
実際の感染者数はもっと沢山いると思って行動した方が良いですね!
道内だけでなく、全国のみなさんも実際の発表よりも多いと考えて、身を守る行動を心掛けて下さい!

 

国内の重症感染者数

感染が確認された人の中で、人工呼吸器をつけたり集中治療室で治療を受けている重症と診断された患者数です。

クルーズ船の乗船者が706人中34人、日本国内で感染した人が260人中23人でした。

合計すると、感染者980人 に対して重傷感染者数57人で、重症化率は5.8%です!

WHOによる専門家チームが調査した中国5万5924人のデータによると、
 
  • 呼吸困難などを伴う重症患者は全体の13.8%
  • 呼吸器不全敗血症、多臓器不全など命に関わる重篤な症状の患者は6.1%

とのことです。

 
もし感染した場合は、重症化しないか注意が必要ですね。
 
重症化しやすいリスクも分かってきています!
 
重症化のリスク
  • 高齢者
  • 高血圧、糖尿病、心不全など基礎疾患のある方
  • 心血管疾患のある方
  • 慢性の呼吸器疾患のある方
  • 透析を受けている方
  • 免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方
 
特に注意してください!!
 
しっかりとした予防を心掛けましょう!

 

これまでの国内の死亡者数

これまでに国内で感染した方の中で亡くなられた患者数は、

 
  • 国内で感染した人:6人
  • クルーズ船の乗船者:6人

合計12人の方が亡くなられています。

 
心より故人のご冥福をお祈りいたします。
 
感染者980人に対して死亡者数12人で、致死率は1.2%です。
 
2003年に流行したSARSも実は同じコロナウィルス感染症でした!こちらの致死率は9.6%! 2012年に中東や韓国で感染が広がったMERSも同じコロナウィルスです!こちらは致死率34.5%!!
 
今回の新型コロナウィルスCOVID-19は、以前に流行したコロナウィルスの感染症より致死率は低いのです!!
 
致死率が低くても、感染力が高いのは事実です。
 
実際にすごい勢いで世界中に感染が拡大しています。
また、重症化した患者の致死率は50~60%です!!
 
今回のCOVID-19は、発症から2週間目までに急速重症化していきます! 重症化する前に発見して治療することが最大のカギです!!  
 

国内で感染が治癒した患者数

国内で感染が確認された260人(クルーズ船の乗客乗員を除く)のうち、 43人が症状が改善するなどして退院しています。
 
260人のうち43人ですので、現在の治癒率は16.5%です。

 
発症していても軽症のため医療機関を受診せず、感染者数に含まれていない患者も相当数いると考えられます。
 
日本のデータだけでは判断が難しい所です。
 
それでは世界の感染者と比べてみましょう!!
 

世界の感染者数

出典元:https://gisanddata.maps.arcgis.com

ついに世界の感染者数は9万人を超えました!!
 
赤い丸は感染の規模を表しています。
 
やはり中国がダントツです!!
しかし、日本も世界で6番目の感染者数です!
 
総感染者数90,912人に対して総死亡数3,117人です。致死率は3.4%
治癒した患者の総数は47,984人で、治癒率は52.8%!!
 
致死率は思っているより低いのではないでしょうか?
 
そして、感染しても半分は回復することが分かります!!
ちょっと安心できますよね!
 
だからといって感染予防を怠ってはいけません!
 
一人一人がしっかりと感染対策をして、自分の体力や免疫力を保つことが大切です。

避けるべき場所

厚生労働省の専門家チームによると、感染した人の75%はほかの人にうつしておらず、次々と感染が広がったのはほとんどが空気がよどみがちな閉じた環境だったことが分かりました!!
これは感染が集団発生した10の事例を含む、国内の感染者110人を詳しく分析した結果です。
 
なんと!75.4%が誰にもうつしていませんでした!!
 
二次感染が確認された27人についても、半数以上で感染の広がりは1人にとどまっています。
これは朗報ですね!!
 
感染しやすい環境にいかなければ、感染のリスクはかなり抑えられそうです!!
1人から別の2人以上に感染が広がった場合は、ほとんどが屋内に多くの人が集まる閉ざされた環境で起きています!
 
中には1人から9人、12人に感染が広がったケースもありました!!
 
屋外など空気の通りのよい環境では、2人以上に感染の広がりが確認された事例は2つだけです。
 
これらを考えると、感染者は集団感染(クラスター)している可能性が高いですね!!
 
以上を踏まえると、
  • 換気をしていても空気がよどみがちな場所は避ける
  • 屋内の狭いスペースに人が集まるのを避ける
  • 軽い風邪症状がある場合は、人が近距離で会話する環境に行くのを控える
  • 屋内で密に人が集まるようなイベントは避ける
必要がありそうです!
 
ぜひみなさんもご注意下さい!!
 

一人ひとりにできる感染症対策!

新型コロナウィルスの感染は一人ひとりがしっかりと感染症対策健康管理をすることがなによりもまず大切です!
 
ここではその感染症対策を見ていきましょう!!

手洗い

ドアノブや電車のつり革など、普段身の回りにある様々なものに振れることにより、自分の手にもウィルスが付着している可能性があります!
 
外出先からの帰宅時や、調理の前後食事前だけでなく、日常生活で気付いた時はこまめに手を洗いましょう!!
 
 

普段の健康管理

普段から
 
  • 十分な睡眠
  • バランスの良い食事
  • 適度な運動

をぜひ習慣化してください!

身体の免疫力を高め、体力をつけることでウィルスに負けない身体作りを心掛けましょう!

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下してしまいます!
 
乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう!!
 
その他にも、
 
  • 部屋の空気を入れ換える
  • 濡らしたタオルを暖房の近くに置いておく
  • 観葉植物を置く
  • 浴室の扉を開けておく
などなど、ご自身の生活でできそうなことから試してみましょう!

咳エチケット

感染症を他者に感染させないために咳エチケットを心掛けましょう!

咳エチケットとは、咳・くしゃみをする際にマスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
 
なにもせずに咳やくしゃみをしないように気をつけましょう!

マスクは正しく着用する

みなさんマスクはしっかり着用できていますか?
 
よく、マスクから鼻だけでている人を見かけます。
 
その付け方は間違っています!
マスクを正しく着用するようにしましょう!

 

 

2m程度の対面で人と人との距離が近い接触が、一定時間以上多くの人々との間で交わされる環境は感染リスクが高いと言われています!
 
感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう!!
 

まとめ

以上をまとめますと、
 
  • 国内感染者数は合計980人(国内260人,クルーズ船706人,チャーター機14人)
  • 都道府県別では北海道77人で最多!東京都39人、愛知県32人と続く
  • 国内の重傷感染者数57人(980人中)で、重症化率は5.8%
  • 国内の死亡者数12人(980人中)で、致死率は1.2%
  • 国内の治癒した患者数は43人(260人中)で、治癒率は16.5%
  • 全世界の患者数は9,0912人!。致死率3.4%、治癒率は52.8%
  • 集団感染(クラスター)予防として、密室で人の密集した空気のよどみがちな場所は避ける
  • 一人ひとりの感染症対策が大切!
です。
 
みなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。