事件

千葉県横芝光町タンクローリーと衝突!事故現場はどこで原因は?母子2人死亡

2020年3月15日正午ごろ、 銚子連絡道路においてタンクローリーと乗用車の事故で、乗用車の30代運転手の女性2歳の男の子死亡したと報じられました。
 
この記事では、以下について説明します。
 
  • 事件の概要
  • 事故の現場と原因
  • ネットの反応
それでは、説明していきましょう。
 
 

事件の概要

2020年3月15日正午ごろ、 銚子連絡道路においてタンクローリーと乗用車の事故で、乗用車の30代運転手の女性と2歳の男の子が死亡したと報じられました。
 

報道内容の詳細は以下のとおりです。
 
 
15日昼ごろ、千葉県横芝光町の有料道路で乗用車がタンクローリーと正面衝突し、乗用車を運転していた35歳の女性と2歳の男の子の親子2人が死亡しました。
 
15日正午ごろ、横芝光町の銚子連絡道路の上り線で、乗用車が中央分離帯を越え、対向車線を走ってきたタンクローリーと正面衝突しました。
 
この事故で乗用車を運転していた千葉市中央区の浦濱恵さん(35)と息子で2歳の翔くんの2人が病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に死亡しました。
 
NHKのヘリコプターから撮影した映像では、タンクローリーの運転席の下に横向きの乗用車の助手席部分がめり込んだようになっているのが分かります。
 
警察によりますと、現場は片側1車線の自動車専用道路の中央分離帯に高さ20センチほどの縁石とポールが立てられている区間で、縁石には乗用車が乗り越えたとみられるタイヤの跡があったということです。
 
警察が事故の原因や状況を詳しく調べています。
 
                  出典元:NHK NEWS WEB
とのこと。
 
出典元:NHK NEWS WEB
 
 
今回の事故は下り車線を運転していた乗用車が中央分離帯を乗り越えてタンクローリーに正面から衝突しました。
 
タンクローリーとの事故では、乗用車はひとたまりもありません。
 
どのような理由であれ、母子2人の尊い命が失われたことに心が痛みます。
 
故人の安らかなるご冥福を心よりお祈りいたします。
 
 
 
スポンサーリンク

事件現場

今回、事件が発生した場所は、千葉県山武郡横芝光町芝崎銚子連絡道路です。
 
銚子連絡道路の横芝光ICからすぐの場所です。
 
場所はこちらです。
 

この事件の現場は片側1車線で、下り線を走っていた乗用車が、カーブを曲がり終えたところで何らかの原因により対向車線にはみ出したとみられています。

20cmの高さの縁石とポールを乗り越えるほどなので、かなりスピードが出ていたのかもしれません。
原因は現在調査中です。

みなさんも高速道路や有料道路ではスピードを出し過ぎず、安全運転を心がけましょう!

ネットの反応

 

 

まとめ

今回は、2020年3月15日に銚子連絡道路でおきたタンクローリーと乗用車の事故において乗用車の30代運転手の女性と2歳の男の子が死亡したと報じられました。
 
乗用車が中央分離帯を乗り越えて事故を起こし、運転していた女性と2歳のお子さんが亡くなった事故、とても心が痛みます。
 
みなさんも普段からスピードの出し過ぎには注意して、安全運転を心がけてください!