京都

京都市コロナウイルス感染者!オランダ帰国会社員女性はだれで病院どこ?経過や感染経路は?

2020年3月21日、京都府京都市50代女性が新型コロナウイルスに感染していたことを発表されました。
 
ここでは下記について説明します。
 
  • 新型コロナウイルス感染者は京都市の50代会社員女性
  • 新型コロナウイルスに感染した50代会社員女性の感染経路は?
  • 新型コロナウイルスに感染した50代会社員女性の入院先の病院は?
それでは早速説明していきましょう。
 

新型コロナウイルス感染者は京都市の50代会社員女性

 

2020年3月21日、京都府京都市50代女性新型コロナウイルスに感染していたことを発表されました。
 
これで京都府としては23人目、京都市としては14人目です。
 
会社の出張オランダを訪れており、今月16日に帰国しています!
 
オランダは現在、感染者数は3600人を超えており、ヨーロッパでは大流行しています!
 
いったいこのような時期にオランダに出張とは、出張に行かせる会社は社員の安全を第一に考えるべきではないのでしょうか?
 
 
スポンサーリンク

感染した50代会社員女性はだれ?経過や感染経路は?

新型コロナウイルスに感染した50代女性について、現在報道されている情報は以下のとおりです。
 
名前 不明
年齢 50代
性別 女性
住所 京都府京都市
職業 会社員
濃厚接触者
海外出張に同行した同僚2人
その他は調査中
 
現在、名前や顔写真は公表されていません
 
個人情報は、風評被害の観点からもこれ以上公表されることはなさそうです。
 
しかし、感染者が誰か特定するよりも、しっかりと詳細な行動歴や経過を調査して、感染拡大に尽力する方が大切ですね! 
 
濃厚接触者は、海外出張に同行した同僚2人ですが、感染者が増加するようであれば勤務先の会社名が公表される可能性はあります。
 
 

経過や感染経路は?

それでは50代女性の行動歴と感染経路を見ていきましょう。

2月26日~3月15日 同僚2名と共にオランダに海外出張
3月16日
オランダから帰国
(関西空港着、京都までタクシー利用) 
咽頭痛が出現
3月17日 買い物で外出(マスク着用)
3月18日 発熱(37.8℃)が出現
3月19日 発熱(38.0℃)
3月20日
解熱したが、体に痛みがあるため医療機関受診
検体採取 
3月21日 PCR検査陽性
 
帰国日には症状が出現しています。
20日間もオランダに滞在しており、オランダで感染したとみて間違いないでしょう!
 
女性は、帰国の際の関西空港から京都市内まで、医療機関受診時タクシーを利用しています。
現在、タクシー会社にも連絡を取り、運転手の状態を聞き取っているとのことです。
 
マスクを着用していたとは言え、17日に買い物で外出しています。
 
いったいどこにどのくらい出かけていたのか?詳細な情報が待たれます!
 
女性は帰国後は一度も出勤していないため、職場に濃厚接触者はいません。
 
ただ、オランダから一緒に帰国した同僚2人の行動が気になりますね。
 
これから発症する可能性も十分にあります。
 
 
 

新型コロナウイルスに感染した50代会社員女性の入院先の病院は?

 
現在、50代女性は3月22日入院を予定していると発表されています。
 
いったいどこの病院に入院するのでしょうか?
 
京都府の感染症指定医療機関で、感染症病床を有するのは以下の病院です。
 
  • 京都府立医科大学附属病院
  • 京都市立病院
  • 医療法人啓信会 京都きづ川病院
  • 京都山城総合医療センター
  • 京都中部総合医療センター
  • 市立福知山市民病院
  • 京都府立医科大学附属 北部医療センター
以上の7つの病院のうちどこかに入院する可能性が高いと思われます。
 
感染者の方々全員が重症化することなく、改善して退院することを心から祈ります。
 
 
 

世間の人々の反応

 

出張行かせた会社の責任を問う声が多く見られます。
 
2月から出張していても、3月にはヨーロッパもかなり感染が拡大していました。
 
職員の安全を考えれば、出張を途中で中断してでも帰国させる方が賢明ではないでしょうか。
 
今後、会社を公表されるのかも含めて注目が集まります。
 
 
 

まとめ

今回は、3月21日に京都府京都市の50代女性が新型コロナウイルスに感染しいたことを公表した件について説明しました。
 
感染者は、2月26日から3月16日までオランダに出張していました。
 
帰国日に発症しており、オランダで感染したことは間違いありません。
 
濃厚接触者の出張に同行した同僚2人の検査結果や体調も心配ですね。