新型コロナウイルス

沖縄県4人目那覇市コロナウイルス感染者!誰でホテル名はどこ?経過と会見内容まとめ

2020年3月23日、沖縄県那覇市20代男性が新型コロナウルスに感染したことを発表しました。
 
ここでは下記について説明します。
 
 
  • 沖縄県4人目20代男性の新型コロナウイルス感染の会見内容まとめ
  • 沖縄県那覇市の20代男性が勤務するホテルはどこ?
  • 沖縄県那覇市の20代男性が入院している病院はどこ?
 
で早速説明していきましょう。

沖縄県20代男性コロナ感染の報道の概要

沖縄県ではこれが4人目の感染者です!
 
 
報道内容は以下の通りです。
 

沖縄県の玉城知事は、那覇市内のホテルで働く20代の外国籍の男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

男性は今月5日から14日にかけてベルギーに渡航歴があるということです。沖縄県は男性の行動歴を確認するとともに、濃厚接触者の特定を急ぐことにしています。

 

沖縄県で4人目の感染者である20代男性は沖縄県那覇市に在住です。

沖縄県那覇市の場所はこちらです。
 

沖縄県では4人目の感染者です。

現在全国で感染者は急激に増加しています。

現在の全国の感染者数はこちらです。

NHK NEWS WEB

この全国の地図で見ると、沖縄県はかなり感染者が少ない方ですね。

やはり、他の県と離れているため、感染の入ってくる経路が限られているのが大きな要因でしょうか。

しかし、だからといって安心していてはいけません。

一度感染が増えれば、どんどん拡大する可能性はあります。ひとりひとりが十分な感染対策予防を実施し、県としても休校を解除していた学校の再度休校などの検討が必要です。

 

スポンサーリンク

会見内容まとめ(誰、行動歴、ロイヤルオリオン)

新型コロナウイルスに感染した沖縄県の20代男性について、現在報道されている情報は以下のとおりです。

20代男性はだれ?

それでは、20代男性の概要を見ていきましょう。

名前 不明
年齢 20代
性別 男性
国籍 外国籍
住所 沖縄県南部保健所管内
職業 那覇市内ホテル勤務(ホテルロイヤルオリオン)
濃厚接触者
現在調査中
 
現在、公表されている情報は以上です。
 
濃厚接触者は現在、調査中です。
 
この男性は、外国籍で那覇市内のホテルで勤務しています。
 
ホテル名は『ホテルロイヤルオリオン』です。後ほど詳細を説明します。
 
しっかりと詳細な行動歴や経過を調査して、感染拡大に尽力する方が大切ですね!
 
 
沖縄県南部保健所管内には、
  • 糸満市
  • 浦添市
  • 豊見城市
  • 南城市
  • 中頭郡西原町
  • 島尻郡与那原町、南風原町、八重瀬町
  • 島尻郡渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、久米島町
があります。
 

一番下の島尻郡渡嘉敷村以降は島になるため、こちらに住んでいる可能性は低いと思われます。

 
 
 

経過や感染経路は?

それでは30代女性の行動歴とか感染経路について見ていきましょう。

3月5日~14日
ベルギーに渡航
3月16日~17日
出勤
3月18日
発熱(39℃台)が出現
 
保健所に連絡、午後に帰国者・接触者外来を受診
 
インフルエンザ陰性、CTで肺炎像あり
 
帰宅し自宅療養
3月19日~23日 出勤せず、自宅療養
3月23日
衛生環境研究所のPCR検査陽性
 
感染指定医療機関に入院
 
この男性は、ベルギーに渡航しています。帰国して、4日目に発症しています。
 
ベルギーには9日間滞在しており、発症までの潜伏期間は平均5~6日と考えると、ベルギーで感染した可能性の方が高いのではないでしょうか。
 
現在、ベルギーでは3743人の感染者を認めています!
 
なぜこの時期に感染が拡大しているヨーロッパへ旅行したのでしょう。
 
さらにホテルで勤務をしているなら、感染していた際にどれだけの被害がでるか考えなかったのでしょうか?
 
正直、責任感が足りないのでは?と思ってしまいますね。
 
 
 

ホテル名はロイヤルオリオン

男性が勤務していたホテルは『ロイヤルオリオン』です。
 
場所はこちらです。
 

住所は
〒902-0067沖縄県那覇市安里1-2-21
 
那覇市の国際通りに面するホテルです!
 
国際通りはいつも人く、とても賑わっている場所です。
 
ホテルは、18日に患者から発症の連絡を受けて、ホテル内の消毒を実施しています。
 
勤務中の男性が接客した客が13人おり、ホテルから男性が感染したことを伝えています。
 
 
 

沖縄県4人目那覇市20代男性の入院先の病院はどこ?

現在、20代男性は感染症指定医療機関入院していることが発表されています。
 
沖縄県の感染症指定医療機関で、感染症病床を有するのは以下の病院です。
 
  • 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
  • 琉球大学医学部付属病院
  • 沖縄県立北部病院
  • 沖縄県立中部病院
  • 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
  • 沖縄県立宮古病院
  • 沖縄県立八重山病院
以上の7つの病院の可能性があります。
 
下2つの病院は宮古島と石垣島であり、入院のため島に移動する可能性は低いと思われれます。
 
 
 

まとめ

今回は、3月23日に沖縄県那覇市の20代男性が新型コロナウイルスに感染したことを公表した件について説明しました。
 
感染者は、3月5日から3月14日までベルギーに渡航していました。
 
帰国後4日目で発症しており、日本での感染よりも渡航先のベルギーで感染した可能性の方が高いと思われます。
 
以上、この記事がみなさまのお役に立てば幸いです。