その他

コロナウイルス感染の原因?シンザンコウって何で日本の動物園で見るならどこ?

 
新型コロナウイルスに類似したウイルスが、体がうろこで覆われている珍しい哺乳類「センザンコウ」の仲間から発見されました。
 
コロナウイルスが広がるうえで、重要な役割を果たしている可能性があるとのことです。
 
ここでは以下について説明します。
 
  • コロナウイルス感染の原因はシンザンコウ?の報道について
  • センザンコウってどんな生き物?どこに生息しているの?
  • センザンコウが日本で見られるのはどこの動物園?
  • センザンコウはポケモンのサンドパンのモデル!?
  • ジャッキーチェンもセンザンコウ密猟から保護活動
では、早速説明していきます。
 

コロナウイルスの原因はシンザンコウ?の報道についてTwitter(ツイッター)記事

それではシンザンコウの報道内容を見ていきましょう。

記事内容は以下のとおりです。
 
 中国の研究者らは、世界的に感染の拡大が続く新型コロナウイルスに類似したウイルスが、体がうろこで覆われている珍しい哺乳類「センザンコウ」の仲間から発見されたと発表しました。コロナウイルスが自然界に広がるうえでセンザンコウが重要な役割を果たしている可能性があると指摘しています。
 
 26日付けのイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文によりますと、香港大学と広西医科大学の研究者は、2017年から去年にかけて中国に密輸され、当局に摘発された東南アジアに生息する「マレーセンザンコウ」31匹のうち8匹から、世界的な感染拡大を起こしている新型コロナウイルスと類似したウイルスを発見しました。
 
 マレーセンザンコウから見つかったコロナウイルスと、新型コロナウイルスは、遺伝子の配列が85%から92%の割合で一致していたということです。
 
 これまでの研究から、これらのコロナウイルスは、もともとコウモリの仲間が持っていたと考えられていますが、今回の研究で新たにセンザンコウの仲間からも高い頻度で見つかったことから、自然界にコロナウイルスが広がるうえで、センザンコウが重要な役割を果たしている可能性があると指摘しています。
 
 また、研究者らは、野生動物の取り引きは自然界にあるウイルスを人間に感染させるリスクを高めるとして、市場での販売を厳重に禁止すべきだとしています。
 
新型コロナウイルスはこれまでコウモリの仲間が持っていると考えられていました。
 
しかし、今回新たにセンザンコウの仲間からも高い頻度で見つかったのです!
 
センザンコウが新型コロナウイルスの拡大に重要な役割を果たしている可能性があります!
 
しかし、センザンコウっていったい何なのでしょう?
 
 
スポンサーリンク

センザンコウってどんな生き物?生息地はどこ?漢字は『穿山甲』で絶滅危惧種

センザンコウは哺乳類有鱗目(センザンコウ目)センザンコウ科に属する哺乳類です。
 
和名は中国名の『穿山甲』の音読みです。
 
お腹と四肢の内側を除いて、体毛が変化したマツボックリのような角質の鱗で全身が覆われています。
 
センザンコウの鱗は刃物のように鋭く、しっぽを振り回すことで攻撃にも利用します。
 
現存するセンザンコウ8種(アフリカ、アジアにそれぞれ4種類)です。
 

センザンコウの生息域

センザンコウは、南アジアから、中国、台湾、サハラ以南のアフリカに分布しています。
 
現在、センザンコウはアジアに4種類アフリカに4種類います。
 
アジアに生息するセンザンコウ
  • 中国センザンコウ(ミミセンザンコウ)
  • スンダセンザンコウ(マレーセンザンコウ)
  • インドセンザンコウ
  • フィリピンセンザンコウ(マニス・クリオネンスィス)
 
国際自然保護連合のレッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物のリスト)で、絶滅危惧IA類または絶滅危惧IB類のいずれかに指定されている。
 
アフリカに生息するセンザンコウ
  • サバンナセンザンコウ
  • シロハラセンゼンコウまたはキノボリセンザンコウ
  • オオセンザンコウ
  • オナガセンザンコウ
 
であり、これら全てが絶滅危惧II類に指定されています。
 
 
 

センザンコウが日本で見られるのはどこの動物園?

実はこのセンザンコウ日本で見られる動物園は1つだけあります!!

それは『上野動物園』 です!

上野動物園のセンザンコウは『ミミセンザンコウ』です。
 
ネパールやタイ、中国南部、台湾にかけての森林に存在しています。
 
センザンコウがウイルスを持っているからと言って、動物園に見に行った人に直接うつることはありせん!
 
誤解のないように注意してくださいね。
 




センザンコウはポケモンのサンドパンのモデル!?

センザンコウはポケモンのサンドパンのモデルではないかと言われています。

出典元:ポケモンずかん

サンドパンの名前の由来は、

英語のサンド(日本語:砂)とパンゴリン(日本語:センザンコウ)のパンをとっているとされています。

確かに見た目もすごく似ていますね!

ジャッキーチェンもセンザンコウ密猟から保護活動

実は、肉や鱗を入手するために毎年何千ものセンザンコウが不法に狩猟されています。
 
事実、アメリカ合衆国魚類野生生物局によると、過去10年間において100万匹以上のセンザンコウが売買されており、そのほとんどが中国やベトナムの需要に合わせたものです。
 
センザンコウの鱗はケラチンでできており、伝統的な漢方薬として普及しています。
 
取引業者は、その鱗によってぜんそくや関節炎、リウマチを治療することができ、さらには月経や母乳の分泌を促進させると主張しているが、これらの主張は未だかつて証明されていない。
 
またセンザンコウの肉ベトナムや中国では珍味とされているのです。
 
現在、全8種のセンザンコウが最高レベルの保護を受けるべきであると国際法において承認され、世界的な商取引を禁止しています。
 
しかしながら、中国やベトナムにおけるセンザンコウの市場価値は依然として高く、密猟者は大量に狩猟し続けているのです。
 
あの世界的アクション俳優のジャッキー・チェンさんもセンザンコウの保護活動を行っています!
 

まとめ

新型コロナウイルスに類似したウイルスが、「センザンコウ」の仲間から発見され、コロナウイルスが広がるうえで、重要な役割を果たしている可能性があることが発表されました。
 
センザンコウとは、アジアやアフリカに生息する鱗をもった哺乳類で、密猟により現在は絶滅危惧種にしていされています。
 
中国や別なくでは、肉が食用として、鱗は漢方のもととしてつかわれており、密猟が絶えません。あのジャッキー・チェンさんもセンザンコウの保護活動をされています!
 
日本で見られるのは上野動物園のミミセンザンコウだけです。
 
以上、この記事があなたの役に立てば幸いです。