事件

山口正文容疑者の顔画像は?殺害の動機とは|静岡菊川市ブラジル人夫婦殺傷事件

2020年3月10日静岡県菊川市においてブラジル人夫婦が殺傷された事件で、夫に対する殺人と妻に対する殺人未遂の疑いで、派遣社員の山口正文容疑者(64)が逮捕されました。
 
この記事では下記を説明します。
 
  • 静岡菊川市ブラジル人夫婦殺傷事件の概要
  • 山口正文容疑者の顔画像
  • 山口正文容疑者の犯行動機
 
以上、それでは早速紹介していきます。

 

静岡菊川市ブラジル人夫婦殺傷事件の概要

2020年3月10日、以下の報道がありました。

 
静岡県菊川市の住宅地で、ブラジル国籍の派遣社員、デ・ソウザ・マルコスさん(当時44)が殺害された事件で、静岡県警は10日、同県御前崎市佐倉、派遣社員山口正文容疑者(64)を殺人と殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。
 
認否については明らかにしていない。
 
菊川署捜査本部によると、山口容疑者は、2月17日午後7時半ごろ、菊川市赤土の住宅敷地内で、マルコスさんと妻(43)を刃物で刺し、マルコスさんを殺害、妻を負傷させた疑いがある。
 
 

事件の詳細な概要

 
それでは早速、事件の詳細を説明していきます。
 

2020年2月17日午後7時半頃、静岡菊川市赤土でブラジル国籍の派遣社員デ・ソウザ・マルコスさん(当時44)が、仕事から車で帰宅した直後に自宅の玄関先で何者かに襲われました。

犯人とマルコスさんのもめている声を聞いて妻のタカハシ・デ・ソウザ・クリスチアーネ・マリさん(43)が外に出ると、覆面をした男性とマルコスさんが揉み合っていたのです。

近くに住む人の話では、「日本語ではない罵声のような騒いでいることが聞こえた。」ということです。 マリーさんは日本語で「助けて!助けて!」と叫んでいました。

マルコスさんは刃物で胸などを十数ヵ所も刺され、血まみれ。
妻のマリさんも犯人を止めようとして腕を切られ、負傷しています。

その後、犯人は徒歩で現場から逃走しています。
犯人は覆面をして上下とも黒っぽい服装で、妻のマリさんは面識のない男性でした。

現場から凶器はは見つかっておらず、犯人ののものと思われる血痕が住宅近くの水路付近でも見つかっていました。
 

事件後、長男とみられる20歳ぐらいの男性が近くのスーパー内のブラジル人向け売り場に「救急車を呼んで!」と駆け込み、店長が119番に連絡しています。
マリーさんも勤務先の上司を通じて通報していました。

マルコスさんは救急車で病院に搬送されるも死亡が確認されました。死因は失血死です。 

目撃情報、マルコスさんの勤務状況交友関係などを中心に捜査を続けていました。

そして、3月10日に犯人が殺人容疑および殺人未遂容疑で逮捕されます。
犯人は、マルコスさんと同じ工場で働く同僚山口正文容疑者(64)でした。

マルコスさんの人柄や家族について

関係者によると、マルコスさんは2018年12月にブラジルから来日し、翌年1月から派遣会社(藤枝市)を通じて牧之原市内の製造会社の工場で勤務していました。

 
家族はマルコスさんと妻のマリさんの他に、お子さんが2人の4人家族です。
 
派遣会社の担当者は「仕事上での大きなトラブルは把握していない。勤務態度はいたってまじめだったと聞いている。突然の事件に混乱している。」と話した。
 
妻のマリさん長男も派遣社員で、別々の会社で働いていました。
妻が勤務する製造会社(御前崎市)の担当者は「日本語はあまり話せないが、いつも明るくてハキハキしている人。」とのことです。
 
2人が在籍する派遣会社(菊川市)の男性社長も「二人ともすごくまじめで、いい人柄だと担当者から聞いている。ニュースに驚いた。」と語っていました。
 
近所の住民によると、事件当時一家は現場の住宅に住んで一年もたっていませんでした。
 
取材に応じたブラジル人の知人もマルコスさんに対して「楽しい人。いつもこんにちはやおはよう元気?と心配して声をかけてくれる。」と話しています。
 
マルコスさん家族の面倒見が良く優しい人柄が伝わってきます。
 

 

山口正文容疑者の顔画像は?

現時点で山口正文容疑者の顔画像は公開されていません
 
おそらく、現時点で報道されていないため報道はされない可能性が高いです。
 
実名が公表されているということで、FacebookInstagramなどのSNSを調査しましたがアカウントは存在しませんでした。
 
山口正文容疑者は年齢が60歳ということで、SNSを利用していた可能性は低いと考えられます。
 
明らかになり次第、こちらに追記いたします。
 
 
山口正文容疑者の自宅は御前崎市佐倉ということです。
 

 

スポンサーリンク

山口正文容疑者の犯行動機

現在のところ、山口正文容疑者の犯行の動機はあきらかになっていません
 
山口容疑者がマルコスさんと同じ工場で働く同僚であり、マルコスさんの十数カ所にもおよぶ傷が上半身に集中していたことから、何らかの恨みやトラブルで強い殺意を持って襲ったことは間違いありません。
 
また、マルコスさんの殺害が待ち伏せされ、覆面姿で短時間で行われたことなどから計画的犯行と見られています。
 

妻のマリさんが犯人と面識がないことから、山口容疑者がマルコスさんやマルコスさん家族と親密な関係ではなかったことが分かります。

 
今後は捜査本部の同期の調査結果が待たれます!
 

 

まとめ

今回は、静岡県菊川氏ブラジル人夫婦殺傷事件についての説明をしました。
 
犯行動機は不明ですが、おそらく仕事場での何らかのトラブルが原因で犯行に及んだと考えられます。
 
追加の報道がありましたら、記載いたします。
 
以上、この記事が、あなたのお役に立ちましたら幸いです。